【GP京都2017】土曜日モダン Round4 鈴木 庸弘(大阪)vs 安藤 彬(愛知)/全勝者デッキリスト




Text by Yoshiki Kuwahara



GP京都2017土曜日モダンは参加者64名、全4回戦。


モダンファン達が持ち込む個性豊かなデッキ群はいつ見ても飽きることがない。


さて、本日は紆余曲折を経て3回戦終了時点での全勝者が残すところ二人となった。


本稿はその全勝者同士の対戦卓、事実上の決勝卓の試合の様子、そして最後に全勝者のデッキリストを掲載する。




Game1


ddd.png


(左:鈴木 / 右:安藤)


 




《変わり谷》から《霊気の薬瓶》を繰り出し、すぐさまライブラリーにマーカーを置く鈴木の手つきはどこか手慣れている。このデッキ(恐らく部族デッキだ)を使い込んでいる様子が伺える。《寺院の庭》《ヤヴィマヤの沿岸》と並べる安藤のデッキはバントエルドラージだろうか。《貴族の教主》《エルドラージの寺院》なくして2ターン目に展開はなく、鈴木の《霊気の薬瓶》を見て小さくため息をつく。セオリー通りであればゴブリン側に展開力で突き放されることになってしまう。





abara.jpgkaeru.jpggranade.jpg


(部族と言えば外せないローウィンブロックを代表する"部族ランド"コストを軽減する"旗騎士"サイクルは今も可能性に溢れている。)






鈴木は《霊気の薬瓶》にカウンターを乗せると《婆のあばら家》《蛙投げの旗騎士》を公開してセット。続けて《蛙投げの旗騎士》もそのままプレイする。予想通りの部族デッキだが、これは珍しい赤黒ゴブリンのようだ。マーフォーク、エルフと比べると見ないアーキタイプではあるが、ここはモダン。当然ゴブリンにも強力なカードは揃っている。安藤の《空中生成エルドラージ》のトークンは良い返しだが、この後のゴブリンの面展開に耐えうるのだろうか。





熟練扇動者.jpgmogg.jpg


(M15当時のスタンダードを席巻した《ゴブリンの熟練扇動者》は当然現在も使用に耐えうる強さだ。)





鈴木はその不安に手札から《ゴブリンの熟練扇動者》、《モグの戦争司令官》で全力で応え、盤面は瞬く間に埋め尽くされていく。もし、安藤に対応策がなければ、恐らくこれからも。《変位エルドラージ》で強制攻撃の《ゴブリンの熟練扇動者》を打ち取りはするものの、ゴブリントークンの波状攻撃を防ぐことは叶わない。



《立身//出世》。なんとゴブリンらと相性の良いカードだろうか。ここで鈴木は《モグの戦争司令官》を引き上げ。6体のトークンと《密輸人の回転翼機》が安藤を見上げる。



だが怒涛の攻め立ての中、辛うじて命を繋いだ安藤の手についに切り札《希望を溺れさせるもの》がもたらされ、既に《変位エルドラージ》を擁する安藤へゲームが徐々に傾いていく。鈴木もゴブリントークンは増えていくのだが安藤の《希望を溺れさせるもの》2体目ともなると先程の勢いが嘘のようである。





heni.pngobore.png


(バントエルドラージがクリーチャー戦が中心となる試合で部類の強さを誇る理由がこの組み合わせだ。)






打って変わって安藤の《変異エルドラージ》《希望を溺れさせるもの》によって生み出されるエルドラージトークンが場をゴブリン以上の勢いで埋め尽くしていく。盤面を完全に取り返した安藤は焦らず一息入れ、鈴木のコントロールするゴブリン、自らのトークンの数をしっかりと確認し、《現実を砕くもの》が追加されると、鈴木のライフは一撃で刈り取られることとなった。



安藤1-0鈴木




Game2


1ターン目に《ゴブリンの先逹》続けて《ゴブリンの群衆追い》3ターン目には《群勢の忠節者》2体走らせ合計11点を無抵抗の安藤に要求する鈴木。パワーが7にもなる《ゴブリンの群衆追い》に驚きの声が漏れる。《流刑への道》2枚持ち、死なずとも生き残れるか?という淡い希望は次のターン《ゴブリンの手投げ弾》によって爆散することとなる。4ターン目の出来事だった。




スクリーンショット 2017-07-23 10.47.00.png


guide.jpgpile.jpggunzei.jpg


(マジックオリジンで《ゴブリンの群衆追い》がモダンでも使えるようになり、ゴブリンファンは大いに湧いたという)




安藤1-1鈴木



Game3


迎える最終ゲーム、鈴木の一手目は《ゴブリンの先逹》。安藤も《エルドラージの寺院》2枚続けてセットしゴブリンに張り合える展開を期待させるが、肝心の大型エルドラージを引き込むことができない。


鈴木も先ほどのような「回り」ではないものの、このゲームで初めて《金属ミミック》が顔を見せる。


トークンを多用する鈴木のデッキとの相性は計り知れないと見るやいなや、安藤も《流刑の道》をすぐさま放つが2体目の《金属ミミック》にはお手上げだ。《空中生成エルドラージ》で面を作るがどこまで延命できるのだろうか。



 《ゴブリンの酋長》《モグの戦争司令官》と並べ立てる鈴木。ゴブリントークンですら3/3である。次ターンに勝利を見据え、余命幾ばくとなったライフ6の安藤が叩きつけるのは《崇拝》!場には《空中生成エルドラージ》のみだが、これを鈴木が除去できなければまだ十分に安藤にも目があるはずだ。




スクリーンショット 2017-07-23 9.13.41.png


(《崇拝》をプレイする安藤の手は心なしか震えていた。)




granade.jpg





鈴木が除去できなければ、の話だが。




安藤1-2鈴木 win!


 




土曜日モダン全勝者デッキリスト 


IMG_2788.JPG


使用者:鈴木庸弘


デッキ:赤黒ゴブリン 



31クリーチャー


4 ゴブリンの先達


3 軍勢の忠節者


4 蛙投げの旗騎士


4 金属ミミック


4 モグの戦争司令官


3 ゴブリンの群衆追い


4 ゴブリンの酋長


4 ゴブリンの熟練扇動者


1 群衆の親分、クレンコ



9 呪文


2 ゴブリンの手投げ弾


1 立身 // 出世


4 霊気の薬瓶


2 密輸人の回転翼機



20土地


4 婆のあばら家


4 血染めのぬかるみ


4 魂の洞窟


3


2 変わり谷


1 黒割れの崖


1 血の墓所


1



15サイドボード


2 ヤスデ団


3 致命的な一押し


2 粉々


2 立身 // 出世


1 破壊放題


3 血染めの月


2 大祖始の遺産


 


グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0