【GP京都2017】土曜レガシー Round4 馬場 大樹(大阪)vs 大倉 隆寛(宮城)

土曜レガシー Round4 馬場 大樹(大阪府)vs大倉 隆寛(宮城県)


by Tatsuo Sekimoto




P1070754.JPG




全勝対決の最終戦。当然のようにここまで駒を進めたのエターナルパーティ優勝者の馬場 大樹(大阪)だ。
対する大倉はグリクシス・デルバーでここまで勝ち上がった。フィーチャーに呼ばれるやいなや「えっ、フィーチャーになるの?」と驚きを隠せない大倉。だが、ゲームが始まると動揺が消え自信を持ってプレイし始める。




Game1
両者7枚でキープ。先手の大倉は《秘密を掘り下げる者》スタート。最高の先鋒を送り込む。


後手の馬場は《ギタクシア派の調査》。
《不毛の大地》
《不毛の大地》
《霧深い雨林》
《若き紅蓮術士》
《陰謀団式療法》
が公開される。馬場は手札を確認してから《陰謀団式療法》。大倉の手札から《陰謀団式療法》を奪う。


大倉は返しに《秘密を掘り下げる者》を変身させ、《不毛の大地》を起動。馬場の《Underground Sea》を破壊する。
馬場は《強迫》で大倉から《稲妻》を奪うが、その間に《昆虫の逸脱者》のアタックが続きライフが10点にまで減ってしまう。


大倉は《若き紅蓮術士》を追加し、クロックを加速させる。さらに《陰謀団式療法》をフラッシュバックさせ馬場の手札の脅威を落としにいく。指定こそ外れたものの、脅威がなければそれでいい。そのまま馬場を残りライフ3まで追い込む。


だが、馬場が土壇場でコンボを間に合わせる。《陰謀団式療法》で前方確認してから《暗黒の儀式》《陰謀団の儀式》《水蓮の花びら》《冥府の教示者》と唱えると大倉は投了した。


馬場 1-0 大倉




Game2
両者ともほとんど悩まずに7枚でキープをきめた。先手の大倉は《ギタクシア派の調査》で馬場の手札に2枚の《水蓮の花びら》があるのを確認すると、即座に《陰謀団式療法》で捨てさせた。
これには馬場も苦笑を浮かべる。それでもめげずに馬場は《思案》を唱え立て直しを図る。



大倉の2ターン目の動きは《死儀礼のシャーマン》。
ここで馬場の土地がストップしてしまう。




P1070760.JPG


(大倉 隆寛)




この間に大倉は追加のクロックこそ引けないがしっかり《死儀礼のシャーマン》で削る。
馬場の《強迫》は《狼狽の嵐》でしっかり打ち消し、セットランドした《Underground Sea》は《不毛の大地》で即座に壊す。


馬場は動けず、手札から《陰謀団の儀式》を捨てさせる。これに大倉の《外科的摘出》がささり、手札の2枚目の《陰謀団の儀式》も失われる。


その間に大倉は《死儀礼のシャーマン》《秘密を掘り下げる者》を並べ一気に勝負に出る。馬場の《紅蓮地獄》はきっちり《意思の力》でカウンターして、ラスト11点を押しこんで勝負あり。





馬場 1-1 大倉



Game3
泣いても笑ってもこれが最後。しかし両者はオープンハンドを見るなり即座にマリガン。
馬場は1マリガンでキープ、大倉はダブルマリガンでゲームが始まった。馬場の占術は下、大倉は上のままだ。


先手の馬場は《思案》。3枚見てその中から取る。
後手の大倉は《Volcanic Island》スタートしてエンド。


馬場は《強迫》で大倉の手札から《意思の力》を捨てさせる。
守りこそ失ったが攻めの手はある。大倉は返しに《死儀礼のシャーマン》をプレイする。


馬場は《暗黒の儀式》から《ファイレクシアの抹殺者》!




SLagacy.jpg
こんなものが出てはたまらんとばかりに、大倉は《意思の力》でカウンター。




大倉は返しで《死儀礼のシャーマン》を引き込んで戦場に。
馬場は少し考えて《陰謀団の儀式》を唱える。そこから《冥府の教示者》を唱え再び《ファイレクシアの抹消者》をプレイ!


大倉は2体目の《死儀礼のシャーマン》と《秘密を掘り下げる者》を出してダメージレースを挑む。この時点で大蔵のライフが9点。馬場のライフが13点だ。2体の《死儀礼のシャーマン》がアンタップ状態のため8点までは確定しているが残り5点は《秘密を掘り下げる者》次第だ。




P1070763.JPG(馬場 大樹)




馬場は《思案》を唱えてから《暗黒の儀式》。さらに《冥府の教示者》を唱え《紅蓮地獄》をサーチ。《ファイレクシアの抹消者》の能力が自分に及ぶが、相手のクリーチャー3体と引きかえれば安い犠牲だ。
大倉の《死儀礼のシャーマン》が死に際に4点削り馬場のライフは9点。


だが、更地を《ファイレクシアの抹消者》が駆け抜け大倉のライフを削り取った




馬場 2-1 大倉


馬場 win!


グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0