【GP京都2017】BIGs新加入インタビュー "簗瀬 要"

【GP京都2017】 BIGs新加入インタビュー "簗瀬 要"


text by Seigo Nishikawa


(以下敬称略)


bigsback.jpg


プロツアーやグランプリ、果てはBIGMAGICOPENといった大きな大会で、"BIGMAGIC"と書かれたシャツやパーカーを身に纏ってゲームを行っているプレイヤーを皆様も見たことがあると思う。BIGsと呼ばれる彼らは、「次代のスタープレイヤー」とBIGMAGICが見込んだプレイヤーの集まりである。そんなBIGsにこの度新たな3名の猛者を迎え入れることになった。


そのうちの1人、簗瀬要。


関東でプレイされている方はよくご存知であろう強豪プレイヤーだ。関東以外の方でも、カバレッジなどで度々その名前を見たという方は大いに違いない。だが、所謂プロ・プレイヤーと比較すればその戦績が広く知れ渡っているわけではないのも事実である。


しかし、BIG MAGICが自信をもって声をおかけさせていただいたのも間違いなく真実。


簗瀬要とは。それを知るべく、インタビューをお願いしたところ快諾いただいた、決意・思いの丈などを伺わせていただいたので、その内容をお送りしたい。


yanase02.jpg


-- まず簡単に自己紹介、これまでの戦績などを教えてもらえますでしょうか。


簗瀬 簗瀬要(ヤナセカナメ)です。中学3年のときマジックを始めました。エキスパンションで言うとプロフェシーが丁度発売されたぐらいからですね。


-- 結構以前からされているのですね。


簗瀬 そうですね。始めてからはずっと継続してプレイしています。ですが実はタイトルと言うものは余り取ったことが無くて、今回一緒にBIGsになった三宅君がミスターPWC(※関東で定期的に開催されているトーナメント。年間を通じて最多ポイントを獲得したプレイヤーをミスターPWCと呼ぶ)を取ったときの2位になったことでしょうか(笑)


-- カバレッジなどで拝見しています。


簗瀬 戦績と言えるかわかりませんが、MOPTQを2回抜けて、プロツアー『イニストラードを覆う影』に参加しました。もう1回は来週の京都です。


-- それは! おめでとうございます。


簗瀬 ありがとうございます。『イニストラードを覆う影』のときは一応二日目はいけましたが、最終的には8勝7敗で悔しかったですね。京都はなんとしても5敗以内で終わらせて、次につなげたいと思います。


-- これだけ長い間楽しんでこられたマジックの魅力をどのようなところに感じていますか?


簗瀬 カードゲームなので、毎回毎回同じシチュエーションに遭遇しない、常に新しい場面が回ってきて、何回ゲームをしても飽きないでいられるのが魅力なのかなと。それから僕はスタンダードを主にプレイしているので、ローテーションもあってその都度新しい環境を楽しめるのがいいですね。


-- その都度というお話がありましたが、当然毎回使われるデッキとかは変わると思います。その中でもこういったアーキタイプが好きだ、というのはありますか。


簗瀬 どちらかといえばミッドレンジやコントロール寄りのデッキをよく使っています。昔だとサイカトグだったり、もう少し最近になればカウブレード。青系のデッキが好きですね。


-- 最近は青赤コントロールなど出てきましたが、少し青が弱い時期がありました。そのときはどうでしたか。


簗瀬 流石にその時期はやめよう、でしたね。世にある強いデッキを自分なりにカスタマイズすることが多いので、特定の色が弱い時は元になるものもないですし。だからどうしても環境初期は苦手なんですよね。


-- 今回のグランプリは構築ではなくて、リミテッドなので、そういった点ではよかったと。


簗瀬 それはありますね(笑)


yanase01.jpg


-- 今回の場合どういった練習を積んでこられましたか。


簗瀬 BIGsの河浜さんをはじめとしたチーム豚小屋の方々に誘ってもらって、ドラフトの練習をしていました。ドラキチって呼ばれているメンバーがいて


-- ちょっと文章としては使いにくい言葉ですね


簗瀬 あはは、そうですね。まぁその方たちに混ぜてもらって2日間でドラフトを9回ぐらい、みっちりとこなしてました。


-- シールドのほうは


簗瀬 シールドのほうは余りできてなくて、プレリと、丁度そのドラフトの翌日にPPTQがあったので練習を兼ねて参加していました。


-- 簗瀬さん自身はチーム豚小屋ではないですよね。


簗瀬 豚小屋ではないですね。ただ河浜さんとか、ほかに三宅君・中道君・光安君・斉田君といったPWC勢には仲良くしてもらっています。


-- 全員BIGsですね。そういった方々に、今回BIGsに入ることは伝えられましたか? 何か言われたりとか。


簗瀬 いや自分で伝える前に既にBIGsの中で広まってました。言われたのは「おめでとう」ぐらいですね。BIGsはみんな楽しく真面目にマジックを楽しむ集団、というのは前から聞いていたので、改めて深く聞くというのは無かったです。ただそういった雰囲気とかはずっと見ていたので、僕の中では一つの目標ではありましたね。できればなりたいな、と。


-- そう言っていただきありがとうございます。そんな「なりたいな」のBIGsから「なってもらえませんか?」という話を今回させていただいたわけですが、そのときはどう思われましたか。


簗瀬 正直かなりびっくりしました。聞いた直後は結構有頂天になって部屋で1人でにやにやしてましたね(笑)少したって落ち着いて、これはちゃんとマジックをやらないと、頑張らないといけないなと。もう結構即決で「やります」と返事させていただきました。


-- 今、頑張らないと言う言葉が出ましたが、改めて今回からBIGsとして活動されると言うことで、これからの目標や抱負などありましたら教えてください。


簗瀬 当面の目標はさっきも言ったように、来週の京都を5敗以内で終えること。そしてそれを継続して、常にプロツアーに出れるようにしたいですね。


-- BIGsは結成してから2年程がたち、何度か増員してきました。今回「なりたかった」簗瀬さんが「なられた」ということで、同じことを考えているプレイヤーも多いと思います。そういった方にメッセージなどありますか。


簗瀬 うーん......いきなりプロツアーやグランプリなど大きな大会で勝つのは無理だと思うんですよね。それよりも草の根の大会とかで、よい成績を出し続けることが大事かな。そして練習を重ねていけばグランプリとかでも名前が上がってくると思います。そうすればアピールにもつながってアンテナにも引っかかるのじゃないかなと。僕自身がそんな感じで声をかけてもらったのかなと思っています。


-- 積み重ねが大事ということですね


簗瀬 そうですね。積み重ねてやっていけば、いつかはなれると思います。


-- 練習に関して、ただ闇雲にやっても意味はないと思います。簗瀬さんが考えられる「質の良い練習」とはどういったものでしょうか


簗瀬 練習は負けるものだと思っています。負けたときに「何が悪かったのか」、それはプレイが悪かったのか、それともデッキが悪かったのか、そういったところをちゃんと分析する。しっかりと考えた上で次のゲームを迎えるというのが大事なことだと考えています。一度してしまったミスは反省して繰り返さないように。


-- ありがとうございました。本戦も「質の良い練習」の成果が出せることを期待しています


簗瀬 こちらこそ、これからよろしくお願いします


 yanase03.jpg


  


  


余談


-- ちなみに、シールドで引きたいカードはありますか?


簗瀬 (即座に)《蝗の神》ですね


-- レアは無しにしましょう(笑)


簗瀬 だめですか(笑)まぁさすがに《蝗の神》は、引いたら勝てますからね。アンコモンなら《選別ワーム》、コモンなら(そこそこ長考した上で)強いて言えば《オアシスの祭儀師》かな。でもレアが強いですね。


グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0