【GP京都2017】ステージイベントダイジェスト

ステージイベントダイジェスト


by Tatsuo Sekimoto



マジック:ザ・ポージング


マジック:ザ・ポージングとは体でカードを表現する競技である。示されたカードを己が体を使って表現し、言葉を使わずパートナーに伝えることが出来たら正解。というゲームだ。これだけでは何を言ってるのかわからないという方のためにチュートリアルを用意した



チュートリアル


お題:《終止/Terminate》


s_e_01.jpg


最初は岩showとリュウジ自らお手本を示す。お題はモダンマスターズより《終止》。《太陽のタイタン》が断末魔をあげている特徴的なイラストだ。岩show&リュウジコンビは見事息を合わせて正解することができるか?


DSC_0728.jpg


早速リュウジがポージング。観客からも好評の完成度で「確かに似ている!」と声が上がる


岩show:「《太陽のタイタン》」


おしい!《太陽のタイタン》は合っているのだがやられているシーンだ。もの凄く惜しいが不正解!


岩show:「やられている絵か~」


こんな感じで進行します!と説明している間にあれよあれよとたくさん人が。ステージが温まったところで本番にいこう



第1問


お題:《墓後家蜘蛛、イシュカナ/Ishkanah, Grafwidow》


ポーズを取るのは「はま屋」のハマさん。ポージングでもプロの業を魅せられるか。回答者はイナガワさん即席コンビだが息を合わせることができるか。お題は...いきなり人間ではないクモだ。当然ながら人間が表現するのは難しい。とてもじゃないが手が足りない。子グモもポイントだろう。4つクモ・トークンをどのように表現するのだろうか?


DSC_0731.jpg


さっそく寝そべるハマさん。そしてビタンビタン悶え始める。これには思わず岩showも「エクソシスト?」と言ってしまった。本来ジャッジが答えるのは問題なのだが、カード名でなく映画のタイトルの方なのでセーフということにしよう



狂気を感じる動きにピンと来るものがあったのか「《老いたる深海鬼》?」と答えるイナガワさん。惜しいエキスパンションは合っている。ここで床に置いたスマホとリュックに目線を送るハマさん。何とか子グモの存在に気づいてもらいたのだが伝わらず。残念不正解



第2問
お題:《予言により/As Foretold》


一転して表現しやすいイラスト。わかりやすいのかササキさんも喉まで回答が出かかっている様子。駄目押しにナカガワさんが携帯のライトを手にかざしたところで正解がコールされた。見事正解!



第3問
お題:《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》


4本腕を振り回すことで何とか表現するイシカワさん。だが、いまいち伝わらず《敵意ある砂漠》と思われる。確かに襲いかかる感じは似ているかもしれない。ここで岩showから助け舟が


岩show「デカイ!」


このヒントにピンと来て見事正解!おめでとう!!



第4問


お題:《キランの真意号/Heart of Kiran》


ポーズを取るのはDCI認定レベル2ジャッジのオオタケさん。カードを伝えることに関しては自信があるとのこと。前回《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を演じたことがあるというオオタケさんが模範演技を見せてくれた。鬼気せまる表情にギャラリーから笑いが起こる


オオタケさん「気持ち悪さを意識して表現しました」


DSC_0737.jpg


確かにモンスター感溢れる演技だ。これは期待が持てそうだ。さてお題は《キランの真意号》。期待を機体に変えることが出来るか


オオタケ「いや、無理じゃね?これ」


DSC_0739.jpg


もはや生き物ですらないお題。それでもオオタケさんは果敢に挑む!体を必死に丸め、手を振って飛んでいることを表現する。これが通じてまさかの一発正解!


コバヤシ「細長いのこれしか知らないので言ったら合ってた」


抜群のコンビネーションで見事正解!



第5問目


お題:《穢れた血、ラザケシュ/Razaketh, the Foulblooded》


なんとも分かりやすいポージングをしているカードだけにイバマタさんの演技にも自信が満ちる。最初は「《造反の代弁者、サムト》?」と自信がなさそうに答えたハヤシさんも相方のどや顔にピンと来て「ラザケシュ!」と叫んだ。正解!



第6問目
お題:《王神、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, God-Pharaoh》


DSC_0750.jpg


ラストはマジック:ザ・ギャザリング公式カバレージのカメラマン、瀬尾さんが参戦。手を使い巧みに人間にない部位を表現する。手の形に覚えがあったのか、正解である《王神、ニコル・ボーラス》の名前が呼ばれる。大正解!



マジックテキストクイズ


モニターに表示されるカードの正しいテキストを答えるこのイベント。あなたの知識と記憶力が今試される!


DSC_0768.jpg


こちらは《衝動のタリスマン》。二つ目のテキストが間違っており《共同のタリスマン》の効果が印刷されてしまっている。正しくは(赤)か(緑)のマナが出て、ダメージ与えるのは《衝動のタリスマン》である


DSC_0772.jpg
《真実か詐話か》には重大な誤記がある。正しくは対戦相手が選んだ束の中から1枚だけしか手札に加えることができない


DSC_0776.jpg


クリーチャータイプに誤記があるなんてケースも。これは流石に有名なようですぐに気付いた人が多かった


DSC_0779.jpg


ルール的には何の問題がなくてもフレーバー・テキストが間違っていることも。こちらはドワーフがドリーフになってしまっている。流石にマニアック過ぎる問題かと思われたがなんとあっさり答えた方が!お見事



「マジック大喜利」


DSC_0785.jpg
ステージイベント恒例のマジック大喜利。マジックの気になるあれこれを大喜利していく!
まずは元気よく登壇する藤田さんと黒田さん。この日の黒田さんはスーツの下にハッピと「電気屋のおっちゃんスタイル」。対する藤田さんは会場まで急いで来たせいで《疲労困憊》の様子。だが「今日はずっと真面目に答えます」とやる気満々。お二人で早速進めていこう


「お互いの第一印象」というお題に対して二人の答えがこちら。


DSC_0794.jpg


DSC_0795.jpg
のっけからジャブを打ち合う展開に。


黒田:「ローリー(藤田)さんは人生初の対戦相手なんですよ(笑)」


黒田:「除去うったらひぇーって声をあげてとてもうるさかったのを覚えています」


藤田:「そうやねん。俺めちゃめちゃしゃべるからGPのヘッドジャッジに怒られたこともあんねん(笑)」


と場が温まって来たところでギャラリーに潜んでいた浅原さんが参戦。ここからは3人で大喜利。


お題は「MOの良いところ」。


DSC_0801.jpg
浅原:「ベータ版からやっているけど一日16時間やってしまう(笑)」


浅原:「MO、寝る、MO、寝るになってしまう」


DSC_0802.jpg
黒田:「ローリーさんから2面打ちしてたら負けたとチャットが来てチケットを要求される」


黒田:「すでにトレード画面が開かれていてウィンドウを閉じたらまたチャットが飛んでくる」


DSC_0803.jpg
藤田:「現実だとそんな方法で発散できないけど画面越しのMOならできる」


...えーと皆さん良いところですよね?



続いては「GP京都の思い出」。GP京都と言えば藤田さんが「ネクロドネイト」で、浅原さんがオンスロートのリミテッドで優勝している。それだけに思い出もたくさんあるはず


DSC_0804.jpg


黒田:「初めてのプロツアーだったから出たけど正直目なしだったんだよね(笑)」


黒田:「そのせいでその後の同窓会に呼ばれなかったっていう(笑)」


DSC_0805.jpg


浅原:「当時有名な《刃の翼ロリックス》と《クローサの拳カマール》が入ったソートの箱を引き当てて喜んだらエラーで1枚カードが足りなくて取り替えになった」


浅原:「がっくりきていたら全く同じレアが入った箱が向こうからやって来た」


DSC_0806.jpg
藤田:「まだ18歳のときにまったく関係ないイベントの設営した」



続いては海外のプレイヤーとの面白エピソード。


DSC_0809.jpg
黒田:「《ピョンピョン自動人形》に《よじれた実験》を貼った状態で起動能力を起動してきたから死ぬよね?と尋ねたら」


黒田:「そんなわけないやんって言われて巻き戻された」


黒田:「普通だと認めないけど相手の体格がデカくてビビって認めてしまった(笑)」


DSC_0811.jpg
浅原:「エクステンデットのデッキをひたすら聞いてくる海外プレイヤーがいて怖かった」


浅原:「シーズン的に作ってないときにも聞かれて最後の方は逃げ回っていた」


DSC_0810.jpg
藤田:「海外の夜に有名なナイトバーに行ったらIDの提示を求められた」


藤田:「そのときパスポート持ってなかったから友達のパスポート見せたら顔写真と見比べられてGo home!(帰れ!)って言われた(笑)」


コミュニケーションを取るときは嘘をついてはならない。パスポートは持ち歩こうという貴重な教訓(?)だった


次のお題は「GP前日はどう過ごすか?」というもの。これには3人一致の回答が出た。



藤田:「寝る」
浅原:「寝る」
黒田:「寝る」


ですよね。GPは体力勝負。しっかり休息をとりましょう


最後のお題はこれ。「カードショップに求めているものは」


藤田:「みんな嬉しいやん」


それはカードショップなのだろうか...。


藤田:「あとBigmagicに求めるものやねんけど、ホームページを改善して欲しい」


なるほど。近々改善されるそうなのでこうご期待願いたい


DSC_0818.jpg
黒田:「MO出来たら嬉しい」


岩show:「もうカードショップ来る意味ないやん!」


これには流石に岩showから火の玉ストレートのつっこみが飛んできた



浅原:「それと24時間営業」


浅原:「スイスラウンド15回戦とか無茶なイベントもやってみたい」


藤田:「そこまでくると仮眠室とサウナも欲しいね」


岩show:「もう住むつもりやん!」


要するに皆さんマジックが好きすぎるということですね。最後までしっかりボケて大喜利終了!


グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る

この記事で紹介されたカード

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0