岩SHOW Card of the Day 2018/06/09《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar》

20180609.jpg

 最も使われた騎士カードは何か、となれば難しい。おそらくは《白騎士》か《銀騎士》...いや、《聖遺の騎士》か?でも、最も使われた騎士トークン生成カードは何かわかる。《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》に間違いない。騎士ウィークのラストは、騎士トークンを盤面に投下し続けた歴代でも有数の活躍を見せたプレインズウォーカーの紹介だ。


 4マナは優秀なプレインズウォーカーが多いマナ域だ。でも、すべてがそうであるというわけではない。大事なのは自衛できるかということ。このギデオンはちゃんとそれを備えている。


2/2の騎士・同盟者トークンを生成するのだ。トークンのサイズも悪くなく、また騎士はまだしも同盟者は部族シナジーが多く、タイプが優秀。そのため、この能力は忠誠値が上昇するものではない。ただかといって、マイナスするものでもないのが有難い。【0】であるため、どんな状況下でも気軽に起動することが可能だ。


プレインズウォーカーはダメージを受けたりすることで選択肢が狭まるが、ギデオンにはそれがない。どんな時でも最低限、トークン生成か【+1】能力かが選べる。


 そのもう1つの選択肢、【+1】能力はギデオン自身が5/5破壊不能のクリーチャーになるというもの。ダメージも受けなくなり、除去や戦闘を気にせずにブン殴りに行ける。最も強い使い方は、騎士を呼んで1ターン経ってからひたすらこのハードパンチをぶち込むというもの。4マナ5/5+2/2、と考えればそれだけでもなかなかの"壊れ"だ。


 そして、ギデオンカードには珍しく忠誠度を大きくマイナスする能力を持っているのも特徴。【-4】能力は自軍全てを+1/+1する紋章を得る。このゲームでは紋章に触れる手段がなく、即ちどんな方法でも阻害されない永続強化となる。


この能力は初期忠誠度をすべて払えば即起動できるのが特徴で、これによりさっさと使い捨ててそのターン中に押し切ることも出来る。1ターンが勝負を分ける接戦の際には、この即効性が有難い。


また、この能力はギデオンを複数枚引いた際にも意味を成す。1枚目はトークンを生成しエンド、次のターンで【-4】起動で1枚目は退場、2枚目を出してトークンを生成してエンド...という具合に、無駄になりにくいのだ。1枚目が遺した紋章で2枚目が6/6となるのもデカい。


 大変にパワフルなカードで、これが使えた当時のスタンダードでは白が入ったデッキの大多数がこのカードを用いていた。アグロからミッドレンジまで、特にアブザン(白黒緑)からのお呼びの声が多かった。1つの時代を象徴するカードであり、今でもレガシーでその姿を見かけることがある。


 


今週は「騎士ウィーク」


岩SHOW Card of the Day 2018/06/08《Marton Stromgald》


岩SHOW Card of the Day 2018/06/07《騎士の勇気/Knightly Valor》


岩SHOW Card of the Day 2018/06/06《軽騎兵の巡視部隊/Hussar Patrol》


岩SHOW Card of the Day 2018/06/05《青褪めた騎士/Cadaverous Knight》


岩SHOW Card of the Day 2018/06/04《善意の騎士/Knight of Grace》



カードゲーム通販Bigweb


↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑

関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0