百手巨人/Hundred-Handed One

Card of the Day -今日の1枚- 2013/10/08



百手巨人/Hundred-Handed One



百手巨人/Hundred-Handed One

百手巨人/Hundred-Handed One



今日の1枚のこのカードの購入ページはこちら


 

遂にこのコーナーもコツコツ積み重ねて100回目。



 

ということで、百にまつわるカードを探したところ、最新セット「テーロス」にておあつらえ向きの1枚があるじゃないかということでコレ。



 

ギリシア神話がモデルの次元:テーロス。



 

このカードのモデルになったのはヘカトンケイルという巨人。



 

「百の手」を意味する名であり、50の頭に百の手を持った3兄弟だったそうだ。



 

彼らはあまりの醜さに、父であるウーラノスに封印されていたそうだが、これをゼウスが解き放つ。



 

彼らはゼウスのために巨人たちと戦い、ゼウスを勝利へと導いたそうな。



 

このゼウス(とヘリウス)が元ネタとなっているであろう神・ヘリオッドは白であり、彼と同じ色にこの巨人が属しているのも納得である。



 

このカード自体は4マナ3/5警戒と、素の状態で同セットのコモン《沈黙の職工》の完全上位互換であるあたり、さすがはレアである。この性能自体、古きカード達から比べれば十分にハイスペックであるのだが、スタンダードで使うのは厳しいという事実が現在のマジックのパワフルさをよく表している。



 

この巨人に6マナを注ぎ込むと、その真の姿を拝むことが出来る。



 

6/8到達・警戒と《自由なるものルーリク・サー》を上回るスペックへと変貌し、さらには「追加で99体のブロックが可能」と来たものだ。



 

さすが、腕一本で一匹相手してやるぜということだろう。



 

到達を得るのも、前述したギリシア神話でヘカトンケイルが岩を投げ続けて戦ったことになぞらえているのだろうか。



 

とにかくインパクトのある能力だ。



 

実戦の場においては、100体で殴ってこれるデッキともなると無限コンボの類で、あっさり100では済まないトークンが出てきて止めきれないというものだろうが、リミテッドでは実質「何体でもブロック可能」ということなので、頼りになること請け合いである。



 

勝負を決める爆弾レアという訳ではないが、早めに出せて終盤まで腐らない戦力というのはリミテッドでは稀有な存在である。



 

ダブルシンボルなので、信心も稼ぎやすいのも高ポイントだ。



 

さあ、100回まではあっという間だったので1000回目《千足虫》・10000回目《万の眠り》目指して頑張ろう!...何年先の話やら




Card of the Day 過去のカード一覧(2015.11.19~)


関連の記事

他の記事

合計 0
0

Coming Soon!
under development

Coming Soon!
under development

合計 0
0